RSS
Admin
Archives

アバランチ会長の小屋

模型サークル「千秋工芸」で活動する、 田舎フィギュアモデラーの戯言

名札

アバランチ会長

学名:アバランチ会長

つぶやき
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06
18
さて、スカルピーを使う際に必須な物は焼成の為のオーブンですが、どんな物が良いのかちょっと考えてみます

一般的な物としては温度調整が出来るオーブンですが(こんなの)個人的にはこの手のオーブンは直火が当たるのであまり好きではないのですよ
原型のサイズによってはホイルで覆ったりと面倒な時もあるので
金額的には6千円~1万円くらいですな


んでもって自分が使ってるのはオーブンレンジ
dougu6

この手のオーブンレンジでトーストを焼こうとした人は思い当たる節があるかもしれませんが、焼き目がなかなかつかなくてイライラしたことありませんか?
スカで使う時はそれが利点となって焦げることは皆無なんですよ
受け皿を鉄のものにすれば熱もまんべんなく伝わりますし、ただ直に鉄の皿の上にスカの原型を置くと部分的に熱が伝わりすぎるので、自分はキッチンペーパーを一枚敷いています

オーブンレンジには他にも利点があって、パンの生地の発酵のモードがある機種であれば、発酵モードでポリパテやエポパテの硬化促進に使うこともできるので、模型をする際に多目的ツールとして使えるので中々便利ですよ
お値段は1万前後からですが個人的にはオススメ


さて、一般的なオーブン以外でスカルピーの焼成に使える物ですが
まずはドライヤー、これで作ってしまうという話も聞いたことはあるのですが、ドライヤーは五月蠅いですし熱の伝わりに安定感が無いのでちょっと不安が残ります、ドライヤーのような熱風なら焦げることは無いのでその点は評価できますけどね
これの応用で、冬場ならファンヒーターは有りです、何度かやったことが有りますが上々でした

他には、友人がふたばの模型板でこんな話しがあったよ~と

模型誌とかには当たり前のように書いてあるが
スカにオーブンの組み合わせはNGだ。直火が当るモンはスカがコゲやすい。
ホットプレートを使うのだ。中にダンボール置いて造形物置いて160℃で30分。
絶対焦げないし追加焼きも全く問題なし。


なるほど、ホットプレートか。
値段も3千円くらいで金銭的負担も少ないので、これからスカルピーを使うって人にも良いかもしれん
温度の調整次第では上記のようなポリパテやエポパテの硬化促進にも使えそうだし、中々良さそうで目からウロコかもしれない
ただまぁ弱点は無いこともない、夏場は暑いぞ(笑)
プレートから熱がガンガン放射されるからなぁ…
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。