RSS
Admin
Archives

アバランチ会長の小屋

模型サークル「千秋工芸」で活動する、 田舎フィギュアモデラーの戯言

名札

アバランチ会長

学名:アバランチ会長

つぶやき
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10
14
Category : 材料
フィギュアのスクラッチ中にフリルの表現で悩んだので、何か使える物はないかなと街を散策
とりあえずこんなもんを発見

ラインシール

ネイルアート用のシールなのですが、元々爪に付ける物なので曲面にも対応、種類も豊富と非常に優れもの

完成品フィギュアのディティールアップにも使えそうなのでなかなか良いですな

ちょっと調べてみたら通販でも大丈夫なようで
コチラ
スポンサーサイト
2008.03
26
今日のお題はコレ
holts01

Holtsの光硬化パテ
車用のやつですな

::more
2008.03
10
Category : 材料
前から気になっていた材料に手を出してみました
rockglazingputty01
::more
2007.08
26
しばらく前に買って、試そう試そうと思いつつ原型の仕上げに追われて放置していたエポレジンプロです
今回は試しと言うことで一番小さいやつですわ~
eporesinpro

一番サイズの大きいやつは580gで3000円前後とWAVE軽量と比べるとグラムあたりの値段は約1/3と非常にリーズナブル
体積あたりの重さはエポレジンの方がやや軽いかな?

さて、値段が安くても使い勝手が悪ければ意味がないわけで早速練ってみる

む‥なんというかめっちゃ柔らかい
セメダインの木部用パテ並の柔らかさ、棒状の形は自重でヘタって無理っぽい
箱の説明文には練り合わせてから30分以内に整形してくださいってあるけど、30分経ってからじゃないとマトモに整形できないんじゃないかこれ?
練ってる時にめちゃめちゃ手に付くしベタベタする、ベタベタ感はやっぱ木部並
水溶性なので水付けて伸ばせばスベスベにならなくはないけど、柔らかすぎて押したところから全体が歪むからなんとも
手に付いたのは水に溶けるので水道水だけで殆ど綺麗に取れるのは良い感じ

とりあえず硬化してからの加工しやすさをチェックするために箱○(インタークーラー装備型)の裏に置いて硬化促進~
360

爆音をあげて熱風を排出する箱○なら硬化待ちの間にゲームもできて一石二鳥(ぇ
いやインタークーラーを装備してるからできる荒技なので、普通の箱○だとできませんからね(笑)

さてさて硬化後ですが…
ダマの無い木部パテ?
軽くてザクザク加工できて表面はちょっと粗め(WAVE軽量と比べて)
なんか特性が非常にに木部パテに近い、値段を考えると木部パテ使う人ならこっちの方がいいかも
硬化前の整形は絶望的だけど、硬化後ならザクザク削れて良い感じですな

次にマジックスカルプと混ぜて練ってみた、大体比率は1:1くらい
両方とも水溶性なのでよく混ざって硬化不良とかは無い感じ
エポレジン単体の時と比べて硬化前でもそこそこ整形できるかな、1:1だとWAVE軽量くらいの感触なので、マジックスカルプの量を調整すればかなり良さげな感じになりそう
混合の硬化後はエポレジンのザクザクした削り心地にマジックスカルプのムチっとした感じが混ざるのでWAVE軽量とミリプットの中間くらいかな?やや軽量寄りで。
使い勝手は悪くない、心材にエポレジン単体、大まかな所は混合、細部はマジックスカルプで十分いけそうな感じ


さて、このエポレジン・プロですが、単独だとマトモに形出しができなくて、軽くて安く、心材くらいにしか使いにくいが、マジックスカルプとの混合で使い勝手の幅が非常に広がるって感じでしょうかねぇ
2007.06
13
フィギュアを分割した時に真鍮線で軸打ちをするってのは極々一般的な事だと思うのですが、スカルピーで造っている時、軸打ち後に何度か焼いた時にスカルピーが割れる事があるんですよ

真鍮線は金属なので、オーブンの熱で真鍮線が熱されて、真鍮線の周りが他よりも熱される事で他との温度差とかで割れるんだと思うのですが、これが非常に困る

自分は8~10㎝くらいの小さいサイズで造ることが多くて、分割と強度アップの為に首とか腕とか真鍮線を入れる事が多いのですが、
よ~しディティール追加したから焼くぞ~→割れた‥orz
なんてことが希にあったんですよね…

そこで真鍮線以外で使えそうな物は無いかと色々と探してみて

①アルミ線
真鍮線と同じく金属であり、強度にも劣るので×

②プラ棒
最初は大丈夫かと思ったが、少し長めにオーブンで焼いたら熱で変形膨張しスカ破損で×

③木材
ホームセンター等で売ってる2㎜くらいのひのき、熱にも耐え加工も容易◎
hinoki


とまぁ木材が一番良いとの結論に至りました
ホームセンターで2㎜角材を買ってきたのですが、つまようじとかでも十分代用できますし、胴体などの大型パーツであれば割り箸とかでも良いわけですな
こんな感じで

waribashi

ちょいと不格好ではありますが(笑) 使用感は悪くないです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。